6月10日(木) さくら貝拾い&スマホケースワークショップ 〜 リトリート的体験型ワークショップ

かつて由比ガ浜は、さくら貝で一面ピンク色に染まったと言われています。
そんな由比ガ浜、材木座海岸でさくら貝を拾って、グラデーション状にコーディングしたスマホケースを作ってみませんか。
一日楽しめるリトリート的体験型ワークショップになります。
① 由比ガ浜、材木座海岸で、さくら貝拾い&ゴミ拾い。 ② 燻太さんでランチ ③ さくら貝グラデーションスマホケース ワークショップ
 を予定しています。
 ※ 荒天の場合、①のさくら貝拾いは中止になります。
◆スケジュール
10:00 江ノ電 由比ヶ浜駅前 集合 10:05 – 11:45 由比ガ浜→材木座海岸でさくら貝拾い&ゴミ拾い できたら、一番逗子よりの和賀江島辺りまで 12:00 – 13:00 ランチ(燻太さん) 13:00 – 15:30 さくら貝グラデーションスマホケースワークショップ
 ワークショップの会場は、ハルバル材木座
◆参加費
① さくら貝拾い&ゴミ拾い       1,000 円 ② 燻太さんでチランチ         各自 ③ さくら貝スマホケースワークショップ 4,000 円 プラスで、さくら貝スマホストラップの作成もできます。 名前なし 1,000 円、名前入り 1,500 円
 ①、②、③それぞれ単独でのご参加もOKです。 お申し込み時に、どのパターンでご参加頂けるか、お知らせください。
◆持ち物
基本的にお持ち頂くものはありません。
さくら貝拾いでは、飲み物、帽子、タオルなど各自ご用意ください。
◆お願い
お申し込み時に、作りたいスマホの機種をお教え下さい。
事前にお教え頂けると、iPhone、Android全ての機種で作ることができます。
◆注意事項
さくら貝は、天候、季節などによって拾えたり拾えなかったりします。
基本的に、事前に拾って、洗って、選別したさくら貝の貝殻で、
グラデーションスマホケースを作ります。
◆お申込み
以下のページで必要事項を記入して送信してください。
その後、イベントページの参加ボタンを押して頂けるとありがたいです。
◆お問合せ  k.shunpei@ecaj.org
◆主催者自己紹介
 木村俊平
 大学院修了後、エンジニアを経てスタバの紙袋から折財布を作ったのがきっけでアップサイクル ク
 リエーターになる。
 紙袋、チョコレートの箱、和紙、革風の紙から、名刺入れ、マスク入れ、手帳型スマホカバー等の
 実用小物制作活動と並行して、東急ハンズ(新宿、銀座、横浜他)、ECAJ主催(銀座、代官山、鎌
 倉、都立大)、スタバ(2店)、タリーズ(2店)でワークショップを開催。
 2018年6月に、一般社団法人 日本エコロジークラフティド協会(ECAJ)、2019年11月に、NPO
 法人 日本エコロジーアップサイクル協会(EUAJ)を設立。アップサイクル技術を使ったゴミの削減
 活動、講師の育成、企業向けSDGs活動のコンサルティングを実施中。

top