閉幕 9月4日(日) 古美術に触れて愛でる会

奥鎌倉、浄明寺にあるアート・ギャラリー「Quadrivium Ostium(クアドリヴィウム・オスティウム)」が主催する、美術品のグループ鑑賞会です。
 
人の手で造られたものには、それぞれのストーリがあります。
 
「古美術に触れて愛でる会」では、ギャラリーのコレクションから2、3点選んで会場に持参し、モノに託されたストーリーを想像し、参加者同士で分かち合うことで、古美術の面白さ、楽しさ、美しさを共感していきます。
 
古美術というと、美術館や古美術店のガラスケース越しに鑑賞するもので、身近ではないかもしれません。
ワークショップでは、古美術品を間近で見たり、直に触ったりして、じっくりと観察し、感じたことを自由に意見交換します。
 
大切にしているのは「直感力」や「感じる力」。
知識は必要ありません。
自由にストーリーを想像して楽しみます。
 
一通り見終わったらファシリテーターから簡潔に品物について解説をします。
最後にお抹茶を飲みながらホッとブレイク。
 
週末のひととき、自らの感性を呼び起こしながら、古美術の魅力に触れてみませんか?
 

◆開催日 9月4日(日) 10:00~12:00

◆開催場所 ハルバル材木座 (鎌倉市材木座2-8-23)

https://harubaruzaimokuza.com/access/

◆募集人数 6名  

◆参加費 2,000円(当日現金でお支払いください)

◆参加申し込み&問い合わせ  

参加ご希望の方は、お名前、ご連絡先のメールアドレスを明記の上、
当ギャラリーのInstagramのダイレクトメール
https://www.instagram.com/quadrivium_ostium/
もしくは、quadrivium.ostium@gmail.com からお申込みください。

◆主催者自己紹介

Quadrivium Ostium オーナー黒田幸代
都内大手百貨店勤務を経て2021年10月、自邸に趣味のコレクションを展示販売するアート・ギャラリー 「Quadrivium  Ostium 」をオープン。
店名「Quadrivium Ostium(クアドリヴィウム・オスティウム)」はラテン語で「十字路の入り口」という意味で、様々な時代、様々な場所でつくられたモノが遥かな道をたどり、ここで受け継がれ次に手渡されていく場所といった思いが込められています。ワークショップを通して古美術の魅力を広める活動をしています。

top